高等教育の修学支援新制度

高等教育の修学支援新制度

経済的な理由で進学をあきらめないで!
高等教育の修学支援新制度とは

2020年4月から国の新制度「高等教育の修学支援新制度」が始まります。
この制度は、基準の年収に満たない世帯の学生に対し、専門学校・大学等への進学を経済的に支援するものです。
※当ページは2019年5月10日時点で公表されている内容をもとに作成しています。

支援の金額について

支援の金額

私立の専門学校の場合

【1】授業料及び入学金の減免(上限額/年額)
授業料
59万円
入学金
16万円
【2】給付型奨学金(上限額/年額)
自宅生
46万円
自宅外生
91万円

支援の金額例

上記【1】【2】の合計金額(上限額の例)

自宅生
総額 331万円支給
[59万円×3年+16万円+46万円×3年]
自宅外生
総額 466万円支給
[59万円×3年+16万円+91万円×3年]

世帯年収に応じた支援額

住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生は、住民税非課税世帯の学生3分の2又は3分の1の金額が支援されます。

世帯年収に応じた支援額
※当ページは2019年5月10日時点で公表されている内容をもとに作成しています。
※年収は、両親・本人・中学生の4人世帯の場合の目安であり、基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。

その他

制度について

支援対象者

住民税非課税世帯 及び それに準ずる世帯で高等学校卒業から2年以内の学生

【2020年度入学の場合の対象要件】

(1)2020年3月に高等学校を卒業見込の者

(2)2018年3月~2019年3月までに高等学校を卒業した者

※(2)に該当する場合は、卒業した高等学校に支援対象となるかご確認ください。

【支援対象者に該当する世帯年収の目安】
住民税非課税世帯
270万円未満
それに準ずる世帯
270~380万円

※年収は、両親・本人・中学生の4人世帯の場合の目安であり、基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。
※日本学生支援機構(JASSO)のホームページでシミュレーションすることができます。
日本学生支援機構 進学資金シミュレーター

支援内容

  1. 授業料及び入学金の免除または減額
    [学費の負担を軽減できる]
  2. 給付型奨学金の支給
    [返済不要]