先輩からのメッセージ

在校生紹介

患者さんのケアだけでなく家族の心のケアまでできる看護師に。
地元の病院に就職して、地域医療に貢献したい。

佐藤 里奈さん

看護学科2年

私は、入院していた祖父を受け持っていた看護師の方が、患者さんのケアだけではなく家族の心のケアまで行ってくれたその親身な姿にあこがれて、看護師を目指すようになりました。将来は、患者さんに話しやすいと思っていただけるような看護師になり、地元帯広の病院に就職し、地域医療に貢献したいと思っています。

北海道看護専門学校に進学したのは、オープンキャンパスで訪れた際に学内の雰囲気が明るく、設備が新しく整っていたことや、地下鉄の駅も近かったことがきっかけです。さらに、臨地実習では地方での実習もあるため、私が目指す地域に貢献できる看護師に近づけるのではないかと思い、進学を決めました。実際に通ってみて、勉強に集中できる空間があることで充実した学校生活を過ごせているので北海道看護専門学校に通ってよかったと思っています。

幼い頃から興味のあった医療の現場で、
患者さんに安心していただけるような看護師になりたい。

谷川 恵さん

看護学科3年

幼い頃から医師である父の姿を見て育ち、ずっと医療の現場に興味がありました。数多い医療の仕事の中でも、患者さんに最も近い立場で、役に立てるような仕事をしたいと思い、看護師を目指しました。将来は、身体のケアだけでなく、患者さんに安心していただけるような看護師になりたいと考えています。

北海道看護専門学校は地下鉄の駅から歩いてすぐの距離で、立地が良いため通学しやすく、地方を含めた様々な病院で実習できる点が進学を決めたポイントでした。入学してからも、入学前のイメージの通りで、毎日通学しやすく、先生方は親身に丁寧に指導してくれます。また、周りには看護師という同じ夢を目指す仲間たちがいて、共に高め合いながら学習できるというのも、自分の良い経験になっていると感じています。これからも目標とする看護師になれるよう、病院実習等で多様な看護の現場を学んでいきたいと思っています。