新型コロナウイルス感染症対策による遠隔授業等の実施について

北海道・札幌市におきましては新型コロナウイルス感染症の感染拡大が一層懸念される状況となり5月4日に政府による緊急事態宣言の5月31日(日)までの延長が決定され、さらに北海道は特別警戒都道府県に指定されました。

これを受け本校では、5月11日(月)から5月15日(金)の間臨時休校することと致しました。

また5月18日(月)から5月29日(金)の間は、学生が登校せず自宅で授業を受ける、インターネットを利用したテレビ会議システムを用いた同時双方向性のある遠隔授業のみを実施し致します。

6月以降につきましても、新型コロナウイルス感染症が終息に向かうのは厳しい状況と推察されますことから遠隔授業を中心に授業を実施し、学生の登校による演習等の授業は7月から実施を予定しています。

臨地実習につきましては、後日改めてご案内させて頂きます。

新型コロナウイルス感染拡大防止の措置として、ご理解いただきますようお願い申し上げます。