H30授業風景①

今日は2年生の老年看護学方法論Ⅰで行う看護技術の授業を紹介します。

老年看護学では実習で高齢者の特徴を考え、看護を実践できるように学習します。
高齢者の日常生活を援助できるように演習を行いました。
シミュレーターを使用し、うがいができない方の歯磨きや、
入れ歯の洗浄方法などを行いました。
お互いに正しくできているか確認しながら行います。
1 8

9 3

シミュレーターに模擬爪を使用し、正しい爪切りの方法を練習しました。
そのあとにお互いに実際に爪を切る練習を行いました。
お互いに行うことで援助を受ける方の気持ちも学習しました。
10 5

4 6

こちらはシミュレーターに模擬髭を使用し、髭剃りを行いました。
電気シェーバーの取り扱いは慣れない学生も多くいました。
7 11

患者さんの日常生活を整える援助は、大切な看護技術です。
テキストで学んだことを実際に行うと、援助を行う難しさを感じていました。
2年生は夏休みが終了後に実習が始まります。
専門分野の実習に向けて、知識と技術を身につけるために日々の学習を行っています。