ホーム  校長挨拶

校長挨拶

医療と人の真ん中に社会の高齢化、医療の高度化に伴い、看護師の活躍する領域は拡大し続けています。様々なシーンで医療と人の真ん中に。より多くの人の健康と笑顔のために。人間性重視の教育理念で誕生。北海道看護専門学校 2012年春開校

校長 丸山 知子

“人々のために”看護師を目指す皆さんへ

 

本校は、北海道の看護師を育成する理念の下で、2012年4月に開校した3年課程の看護専門学校です。
 2018年度からは開校から7年目になり、これまで国家試験では高い合格率を達成し、卒業生は北海道内の医療機関を中心に道内外で活躍しています。
 本校の教育では、卒業後看護師として活動するために必要な基本・基礎的な理論と実践を中核に、人々の健康生活に関わる知識と技術を重視した教育課程を用意しています。入学後は、学生一人ひとりの学習生活の支援と看護師国家試験全員合格を目標に学習支援を行っています。

本校の特色の1つとして、入試制度に「地域指定推薦制度」を取り入れています。卒業後道内の医療に貢献する意欲ある学生を受け入れ、在学中は札幌以外の病院実習を体験する等、北海道の地域医療の一端を体験できるよう計画しています。看護師は医療機関だけではなく、在宅や災害看護等、また道内外に留まらず、世界で活躍できる職業です。本校では、常に国内外の保健医療や人々の健康ニーズを把握し、広い視野をもつ看護師として成長できるよう、教育内容や教育体制の充実に努めたいと考えています。

本校で最も大切にしている看護師としての精神は「他者への思いやりの心」です。この精神を育むことができるよう”人間としての成長を目指し”サポートします。 未来の看護師を目指す皆さんが、その目標を実現するための第一歩を本校で踏み出せるよう、教職員一同期待しお待ちしています。

PAGE TOP

[建学の精神]

急速な少子高齢化、医療技術の進歩、健康に対する意識の高まりなど、国民を取り巻く環境は大きく変化しています。
本道の保健・医療・福祉の現場においては、看護師の人材確保・充実が求められ、他の専門職者と連携・協働しながら、より高度で専門的な役割を果たし、強い使命感と生命の尊厳を尊重する倫理観のもとに、人々の多様なニーズに的確に応えられる看護師の育成が求められています。
学校法人 札幌青葉学園 北海道看護専門学校は、当学園傘下の札幌青葉鍼灸柔整専門学校並びに北海道歯科衛生士専門学校の医療系専門学校2校とともに、北海道のどの地域においても、誰もが健康で安全・安心な生活を営むことができるよう、各地域に貢献できる有為な看護師の育成を目指します。

[教育理念]

本校は、人間の生命と尊厳と人間愛に基づき、国際的視野をもった豊かな人間性を養い、将来に発展できる自己教育力を備えた社会の要請に応えうる看護の専門職者の育成を目指す。

[教育目的]

人間についての理解を深め、生命の尊厳を基盤として倫理観を培い、自己をみつめる力と相手を思いやる豊かな感性を養う。科学的根拠に基づいた看護に必要な専門的知識・技術・態度の基礎的能力を養い、看護の専門職者として常に研鑽し、変化する社会に対応できるとともに、人々から信頼される看護実践者を育成する。

PAGE TOP