ホーム  学校の特色

学校の特色

「看護とは、新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさを適切に保ち、食事を適切に選択し管理すること――こういったことのすべてを、患者の生命力の消耗を最小にするように整えることを意味すべきである。」(フロレンス・ナイチンゲール 看護覚え書き)

本校の特色

本校では、ナイチンゲールとヴァージニア・ヘンダーソンの看護論を基盤に
カリキュラムを構築しています。

1.北海道の地域医療に貢献できる看護師の育成

地域指定推薦制度

看護師が不足している圏域の病院および高等学校と連携、協力し、将来貢献できる看護のリーダーを育成します。

道内各地における臨地実習の実施

3年次の臨地実習では、道内各地にある病院で地域医療の現状や中核的病院の果たす役割を学び、北海道の医療や看護を踏まえた自己看護観の構築をする機会を設けます。

2.姉妹校との連携

東洋医学の視点を包含した統合医療

西洋医学だけでは解決できない複雑な健康課題に対して、姉妹校の「札幌青葉鍼灸柔整専門学校」の協力のもと、東洋医学の視点を踏まえて幅広く統合医療を学びます。

「口腔ケア」の実践的展開

看護にとって最も重要なケアの一つである「口腔ケア」について、姉妹校の「北海道歯科衛生士専門学校」の協力を得て、実践的なカリキュラム展開を行います。

3.充実の施設と最新設備

臨床現場を仮定した最新の実習設備

求められるニーズに応える看護師の育成・養成のため、現場に即した実習設備、学習意欲を高める学習環境を備えています。

学習環境は明るく開放的な交流空間

豊かな人間性とコミュニケーション能力を養うため、新技術により設備された明るく開かれた交流空間を各階に設けています。

PAGE TOP